弁護費用

FEE

弁護費用について

     

初回相談料は無料となります。
お気軽にご相談ください。

相談料

初回

無料(45分程度)
※2回目以降は,30分:5500円(消費税込み)になります。

事件のご依頼費用

葵綜合法律事務所では、具体的な事件内容をお聴きしたうえで、法律相談時等において弁護士よりご提示させていただきます。
下記内容は、弁護費用のおおよその目安となっておりますので、参考にして下さい。なお、費用は全て税込み表示となります。

刑事事件

(1)着手金

弁護活動の内容 金額
捜査段階の弁護活動 11万円~55万円
公判(裁判)段階の弁護活動
(裁判員裁判を除く)
11万円~55万円
公判(裁判)段階の弁護活動
(裁判員裁判)
110万円~

※捜査段階から引き続き公判(裁判)段階の弁護活動を受任するときの着手金は,上記より算定された着手金の額の2分の1に減額することとします。

(2)報酬金

弁護活動の内容 結果 金額
捜査段階の弁護活動 不起訴 22万円~55万円
略式命令 11万円~33万円
公判(裁判)段階の弁護活動 無罪 110万円~
刑の執行猶予 22万円~55万円
求刑された刑が減刑された場合 ~55万円
身柄解放活動 勾留阻止、保釈等 5万5000円~22万円
示談活動 示談締結等 ~5万5000円

少年事件

(1)着手金

弁護活動の内容 金額
捜査段階の弁護活動 22万円~55万円
家庭裁判所送致後の付添人活動 22万円~55万円
検察官送致(逆送)後の弁護活動 22万円~55万円

※捜査段階から引き続き付添人活動を受任するときの着手金は,上記より算定された着手金の額の2分の1に減額することとします。

(2)報酬金

弁護活動の内容 結果 金額
捜査段階の弁護活動 不送致 22万円~55万円
家庭裁判所送致後の付添人活動 審判不開始、不処分 22万円~110万円
保護観察 22万円~55万円
少年院送致等 ~22万円
検察官送致(逆送)後の弁護活動 無罪 110万円~
刑の執行猶予 22万円~55万円
求刑された刑が減刑された場合 ~55万円
身柄解放活動 勾留阻止、保釈等 5万5000円~22万円
示談活動 示談締結等 ~5万5000円
Copyright (C) 2018 葵綜合法律事務所 All Rights Reserved.