COLUMN

お知らせ

2021.07.10

解決事例

【解決事例】 不起訴処分となった事例 〈迷惑防止条例違反(卑猥な言動)〉

 

事件の概要

 

Aさんが,駐車場に駐車させた自動車内において,性器を露出するなどしたとされる迷惑行為防止条例違反(卑猥な言動)事件。

 

弁護活動の内容

 

捜査機関を通じて目撃者との示談交渉を行うとともに,検察官に対して,Aさんが深く反省していること等からAさんに対してはあえて起訴するまでもなく更生することができる旨の意見書を提出いたしました。

 

結果

 

上記弁護活動の結果,目撃者との示談締結には至らなかったものの,Aさんは前科のつかない不起訴処分となりました。

 

 

 

 



 

 ~はれのくに法律事務所について~

 

はれのくに法律事務所は,岡山県岡山市に事務所を構える,刑事事件・少年事件に重点を置いた法律事務所です。

 

迷惑防止条例違反に関することはもちろん,刑事事件・少年事件について何か弁護士にご相談したいことがございましたら,法律相談(初回無料)又は初回接見サービスをご利用ください。

 



 

 

 

 

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.