COLUMN

お知らせ

2021.05.01

解決事例

【解決事例】 勾留請求が却下された事例 〈建造物侵入,迷惑防止条例違反(盗撮)事件〉

 

事件の概要

 

Aさんが,女子トイレに侵入し,女子トイレ内の被害者を盗撮したという建造物侵入,迷惑防止条例違反(盗撮)事件。本件犯行から数日経過した後,逮捕された事案。

 

 

弁護活動の内容

 

AさんやAさんのご家族から話を聞いた結果,本件においては罪証隠滅及び逃走のおそれはないと考えられたため,検察官及び裁判官に対し,勾留することなくAさんを釈放すべきである旨の意見書を提出いたしました。

 

結果

 

上記弁護活動の結果,検察官は勾留請求することになりましたが,裁判官は,検察官による勾留請求を却下しましたので,Aさんは勾留されることなく元の生活に戻ることができました。

 

 



 

 ~はれのくに法律事務所について~

 

はれのくに法律事務所は,岡山県岡山市に事務所を構える,刑事事件・少年事件に重点を置いた法律事務所です。

 

盗撮行為に関することはもちろん,刑事事件・少年事件について何か弁護士にご相談したいことがございましたら,法律相談(初回無料)又は初回接見サービスをご利用ください。

 



 

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.