COLUMN

お知らせ

2018.06.25

刑事事件

住居侵入罪とは?

 


 

岡山東署は,窃盗と住居侵入などの疑いで,岡山市の無職の男性を逮捕しました。逮捕容疑は,岡山市の住民が住む民家に侵入し,タンスから現金約10万円を盗んだというもの。「生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認めています。

(上記事件は,フィクションです。)

 


 

本日は,上記事件をもとに,住居侵入罪について簡単に説明いたします。

 

 

1 住居侵入罪とは

 

住居侵入罪とは,他人の家(住居)又はマンションやアパートなどの共同住宅に不法に侵入した場合に成立する犯罪です。

 

住居侵入罪は,今回の事件のように窃盗(泥棒)など他の犯罪目的の手段として行われることが多く,他の犯罪目的としては,性犯罪,盗撮,のぞきなどがあげられます。

 

住居侵入罪は,未遂罪についても処罰されます(刑法第132条)。

 

 

2 住居侵入罪が成立するための要件

 

住居侵入罪が成立するための要件を簡単に説明すると,以下のとおりになります。

 

① 人の住居に

② 正当な理由なく,侵入したこと

 

①の“住居”とは,

人の日常生活に利用される場所をいうとされています。

 

②の“侵入”とは,

住居権者等の意思(または推定的意思)に反した立ち入りをいうとされています。

 

 

今回の事件を上記要件に当てはめて考えてみると,

①住民が日常生活に利用する住居内に

②住民の意思に反して,立ち入った

 

このように①~②の要件にすべて当てはまるため,住居侵入罪が成立すると考えられます。

 

なお,侵入する建物が住居ではなく,建造物の場合は建造物侵入罪が成立することになりますが,法定刑や公訴時効の期間は同じになります。

 

 

3 住居侵入罪の法定刑及び時効

 

住居侵入罪の法定刑は,3年以下の懲役又は10万円以下と定められています(刑法第130条)。

 

住居侵入罪の公訴時効は,3年とされています(刑事訴訟法第250条第2項第6号)。

 

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.