COLUMN

お知らせ

2018.07.04

刑事事件

恐喝罪とは?

 


 

岡山北警察署は,岡山市内に住む男性を恐喝事件の疑いで逮捕しました。逮捕容疑は,岡山市内の集合住宅において,女性に対し,「お前,借金あるんやぞ」「臓器売るしかないぞ」等と脅迫し,女性から現金を喝取したものです。男性は「生活費が欲しかった」と容疑を認めています。

(上記事件は,フィクションです。)

 


 

本日は,上記事件をもとに,恐喝罪について説明いたします

 

 

1 恐喝罪とは

 

恐喝罪とは,人を恐喝して財物を交付させた場合に成立する犯罪です。

 

例えば,相手を殴って怯えさせたり,「殴られたくなければ金を出せ」と言って,相手に金を払わせたという行為は恐喝に当たります。また,お金を貸した相手に,貸したお金を返してほしいと請求する手段が行き過ぎた場合にも,恐喝になってしまう場合があります。

 

恐喝罪は,未遂罪についても処罰されます(刑法第250条)。

 

 

2 恐喝罪が成立するための要件

 

恐喝罪が成立するための要件を簡単に説明すると,以下のとおりになります。

 

①「人を恐喝して」

②相手方の畏怖を惹起し

③「財物を交付させた」又は「財産上不法の利益を得,または他人にこれを得させたこと」

④不法領得の意思(盗んだ物を利用する意思があること)

 

各要件について少し説明しますと,

 

①の“恐喝”とは,

財物・財産上の利益を供与させる手段として行われる脅迫・暴行であって,相手方の反抗を抑圧する程度に至らないものを指します。相手方の反抗を抑圧する程度に至る場合には,強盗罪が成立します。

 

今回の事件を上記要件に当てはめて考えてみると

 

①女性に対し,「臓器売るしかないぞ」等と女性の身体に危害を加える旨を告知したところ

②女性は恐れおののき

③女性から現金を交付させた

④現金を生活費として費消する目的であったこと

 

このように①~④の要件にすべて当てはまるため,恐喝罪が成立すると考えられます。

 

 

3 恐喝罪の法定刑及び時効

 

恐喝罪の法定刑は,10年以下の懲役と定められています(刑法第249条第1項)。

 

恐喝罪の公訴時効は,7年とされています(刑事訴訟法第250条第2項第4号)。

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.