COLUMN

お知らせ

2019.03.31

刑事事件

接見等禁止決定とは?

 

本日は,接見等禁止決定について説明いたします。

 

 

1 接見等禁止決定とは

 

接見等禁止決定(刑事訴訟法第81条)とは,勾留され警察署等で身体拘束を受けることになった被疑者・被告人に対して,弁護人(弁護士)以外の者と,面会や手紙のやりとりを禁止する決定のことをいいます。

 

したがって,接見等禁止決定がなされてしまうと,勾留された被疑者・被告人と面会することはもちろん,手紙のやり取りもできなくなってしまいます。

 

実務上は,犯行内容を否認している事件のほか,自白している事件でも組織犯罪や共犯事件などで,自由な面会を認めたとしたならば,逃亡や証拠の隠滅が図られるおそれがある場合に,接見等禁止決定がなされることになります。

 

 

2 接見等禁止決定に関する統計

 

弁護士白書(平成30年度版)によると,2017年における弁護人(弁護士)以外の者との接見禁止決定数は,3万6614件となっています。

 

また,平成29年における接見禁止決定率(勾留請求許可人員数に占める接見禁止決定数の割合)についてみると,37.6%となっています。

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.