COLUMN

お知らせ

2018.07.26

刑事事件

迷惑防止条例違反(盗撮)とは?

 


 

岡山中央警察署は,スマートフォンで女性の下半身を盗撮したとして,岡山市内に住む男性を岡山県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕しました。容疑は,岡山駅の階段で,女性のスカート内を盗撮したというもの。

(上記事件は,フィクションです。)

 


 

本日は,上記事件をもとに,迷惑防止条例違反(盗撮)について簡単に説明いたします。

 

 

1 迷惑防止条例とは

 

そもそも,「迷惑防止条例」とは,公衆に著しく迷惑をかける行為等を防止し,もって生活の平穏の保持を目的として,各地方自治体が制定している条例の総称です(岡山県においても,「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」が定められています。)。

 

名称は各地方自治体で少し異なりますが,日本の47すべての都道府県や一部の市町村において,この種の条例は制定されており,条例によって禁止されている行為や,刑罰もほぼ同等となっています。

 

迷惑防止条例においては,盗撮行為のほか,ダフ屋行為,つきまとい行為,痴漢行為,のぞき行為,客引き行為などが禁止されています。

 

 

2 迷惑防止条例違反(盗撮)が成立するための要件

 

迷惑防止条例違反(盗撮)が成立するための要件を簡単に説明すると,以下のとおりになります。

 

①公共の場所又は公共の乗物において

②人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で

③衣服等で覆われている人の下着又は身体を写真機,ビデオカメラその他これらに類する機器を用いて撮影したこと

 

各要件について少し説明しますと,

 

①の“公共の場所又は公共の乗物”とは,

不特定又は多数の人が出入りしうる場所又は乗り物をいいます。

 

今回の事件を上記要件に当てはめて考えてみると,

①不特定又は多数の人が出入りしうる駅の構内において

②人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で

③衣服等で覆われているスカート内を,写真機に類するスマートフォンを用いて撮影した

 

このように①~③の要件にすべて当てはまるため,迷惑防止条例違反(盗撮)が成立すると考えられます。

 

 

3 迷惑防止条例違反(盗撮)の法定刑及び時効

 

迷惑防止条例違反(盗撮)の法定刑は,,6 月以下の懲役又は 50 万円以下の罰金と定められています(岡山県迷惑防止条例第13条第1項)。ただし,常習の場合は,1 年以下の懲役又は 100 万円以下の罰金と定められています(同条例第13条第2項)。

 

迷惑防止条例違反(盗撮)の公訴時効は,3年とされています(刑事訴訟法第250条第2項第6号)。

Copyright (C) 2018 はれのくに法律事務所 All Rights Reserved.